会員登録

会員登録

会員登録

インタビュー

2019.07.01

インタビュー vol.13② 元プロサッカー選手 安武 亨 さん

アスリートjob インタビュー vol.13
元プロサッカー選手
安武 亨 さんYASUTAKE TORU
―― 再び桐蔭横浜大学にて、今度はビジネスの舞台で活躍!
今まで、ただ一生懸命やっていただけですが、それが十数年後に評価されたんだと思いました。それまでサッカーをやることは、一切考えていませんでしたが、離れていたことでまたサッカーをしたくなったのです。実は、ネクタイの会社にいた時も、サッカー好きの取締役の紹介で岩田屋のサッカーチームに入れてもらって、サッカーをしていました。百貨店でも販売員をしている時、取締役が歩いてきたら「昨日はありがとうございました!」などと話しかけると、まわりのリアクションも変わってきて、仕事がしやすくなりました。自分の武器はサッカーしかなかったので、戦略としてサッカーを活用していたのです。なので、取締役のチームの人たちにお世話になったりして、サッカーを使ってのし上がろうという気持ちもありました。人材派遣会社にいた時も同様です。今でこそスポーツに特化した人材派遣会社はたくさんありますが、当時の僕は、サッカー界とアパレル業界の人脈があるので、それを使っていつか独立しようと思っていました。そのため、Jリーガーのキャリアが終わった後、職業紹介業の許認可も取っていたのです。当時、アパレルの販売員はマネキンさんが主流でしたが、なんとか派遣に変えられないかなと思いながら仕事をしていました。午前中は営業して、午後は自分が「この人は」と思うスタッフとランチに行ったりしていました。とにかく自分の将来のために、できるだけ人と会って、何かの時につなげようと思っていたのです。アパレルから離れたらアパレルは終わり、サッカーから離れたらサッカーは終わりではなく、人とつながろうと思って、いろんな人と会うようにしていました。

それが実って、今こうしたご縁で、サッカーのコーチとして雇って頂いています。コーチの話を頂いた時、すでに結婚していたので、プロの指導者としてではなく職員として雇ってくださいとお願いし、職員兼サッカー部コーチとして雇って頂きました。大学の事務員になったものの、当時は大学にそのような職制の職員がいなかったので、最初は結構大変でした。「サッカーの練習に行ってきます」というのをなかなか理解してくれない方もいました。学生のサッカーを指導するというのも仕事なのですが、当時事務にいる人たちの「仕事」は椅子に座って事務をするのが仕事というイメージだったのだと思います。でも、それをやらなければならないので、事務もしっかり行い、練習にも行って、そのあと大学に戻り、与えられた仕事をして、4~5年目までは夜12時過ぎまで仕事をしているときもありました。土日は試合があって絶対に休めないので、その4~5年はきつかったですね。今でも月1回ぐらいしか休みが無いことが身体に染みついているので、働き方改革って何?といった感じです。僕は好きでやっているので、休みが無いこと自体は何とも思わないです。最初は前例がなく、事務仕事もサッカーもしっかりすることを条件に入ったので、そのスタイルを変えずに5年、10年続けていると、学校側も「安武も頑張っているのだから、サッカー部に専念できるように。」という仕事の振り方をしてくれるようになりました。そしてサッカー部を皮切りに、そこからハンドボールや水泳、いろいろなコーチが大学に入るようになりました。いわば、桐蔭横浜大学で事務員兼部活の指導する、というような働き方としてはパイオニアでした。ちなみに、元巨人の監督の高橋由伸さんは桐蔭学園出身で、やはり、野球は特別です。桐蔭学園は甲子園にいきなり出て、湧きあがった学園なので。とにかく、「周りに認められないと応援もしてもらえない。」ということは、総監督にも言われていたことです。そこをしっかりやろうと思ってきました。しっかりやったら、徐々にみんな応援してくれるようになりました。時間はかかりますが、そういう流れを作れたのは良かったと思います。

―― 監督としての仕事がスタート!

高校の監督が交代になったときに大学の監督になりました。天皇杯にも出ましたし、全国ベスト4にもなって。本学のような2千人規模の大学が関東一部にいるっていうのはすごいことだと思うのです。それを学校側も評価してくれて、八城総監督を高校の監督にする、と、突然決まったのです。本学は母体として高校があっての大学ですから。高校の監督のほうが花だと思います。

高校サッカー選手権は、一番テレビに出るじゃないですか。ただ、大学サッカーの方が断然レベルは高いです。周りは元プロの指導者ばかりなので間違いなく大学の方がレベルは高いですが、学校運営・学生募集ということを考えるとやっぱり高校です。

去年から監督に就任しましたが、80人くらいの学生の担当を八城総監督と私とずっと二人でやっていました。7年前に社会人リーグチームも立ち上げて、県の3部からとんとん拍子に進んで、今、関東一部(J5のカテゴリー)にいます。要は本学のセカンドチームです。運営も本学が全てやりセミプロチームですね。今年から「桐蔭横浜大学FC」という名前に変更しました。桐蔭横浜大学の名前をもっと出した方が良いと考えまして。本学の総監督の考えは「全部観たい」ということだったので、総監督自身は行ける試合は全試合観に行きます。カテゴリーは4つあるのですが、全部ベンチに入ります。それこそ関東リーグを茨城でやって、急いで戻ってきて夜は藤沢で社会人リーグのベンチ入りなど。土日でいろいろな場所で必ず4試合。練習試合も全員やらせたいということで45分を8本とかやったりするんです。そういうことを総監督がずっとやっていたし、僕もそれを十何年やってきたので、それが普通になっています。

今は、FC岐阜でやっていたOBの関田と、もう一人のOBの2人が手伝ってくれています。3年前から、社会人チームが関東リーグに上がったので、関東リーグに上がるともうセミプロのチームしかないので、監督をちゃんと置かなくてはいけなくなり、ホーム&アウェイになってしまうために理事も置かなければいけないんです。そのため、3年前から関田をコーチとして雇いました。今、関東リーグ一部で、一部でも3位くらいで、もしJFLに上がったら、本当にどうしようかと。関田はプロのコーチとして高校と兼務でやってくれています。桐蔭横浜大学FCの監督兼高校のコーチ。もう一人は去年キーパーだった卒業生で教員を目指していた人材です。二人とも情熱を持って一生懸命やってくれています。

本学は他の関東リーグ所属の大学と違って規模は大きくありません。本当は、少なくてももう一人くらいスタッフを入れて、誰かに何か起きても大丈夫な体制を作らないといけないと思うのですが、大学の規模としては中々難しいのが現実です。十分に大学は協力してくれてはいるのですが、我々が戦っているのは2万人規模の大学が集まるカテゴリーなので、スタッフ数というのはちょっと足りないな、と感じていますが、他の部もそうやって頑張っているので、うちだけ10人にしてくれ、という訳にはいかないですね。予算もサッカー部に十分割いてくれているのが分かりますし、これ以上の協力を大学に求めることはできないな、という理解もありますが、あと一人、二人は指導者がいないとという思いもあります。

自分はビジネスマンとしての能力と時間がないですし、ノウハウもないので、OBを頼ったり、どなたかに業務委託して、運営するお金をなんとかしていきたいということを、今ようやく考えるようになってきました。ここからもう一つチームとしてステップアップできればと思っています。大学だけでなく、社会人リーグは結構運営費がかかりますが、社会人リーグは選手の育成にとって絶対に欠かせないものです。関東一部に大学と社会人の2チームを抱えており、天皇杯県予選でも2チームとも準決勝まで進みました。準決勝のカードはJ3と相模原とセカンドチーム、Y.S.C.C.と本学。本学のチームが神奈川県の中で2つベスト4に入りJ3と当たる。結果、本学が神奈川県予選を優勝し、セカンドチームがベスト4。選手たちは非常に頑張ってくれていると思います。セカンドチームがここまでやってくれ、モチベーションも高い状況です。この選手たちの頑張りを無駄にしないためにも、報いるためにもチーム運営費用が必要になってきますね。

―― 監督業を通してみるアスリートのセカンドキャリアの課題と対策について

監督業は、仕事というよりは「生活」です。昔から運動量だけは自信がありました。それしか自分の売りはない、と思っていました。試合を観ていると、選手の性格も分かるんです。体は人を表すというか、プレイは人を表しますよね。それしかできないのですが、40歳になってきて、頑張るだけでは足りないというか、サッカーに対しては自信を持ってお話できますが、チームの運営資金を稼ぐということになると、自信も知識も足りないからこそ、知見のある方に教わり、助けて頂きたいと思います。

このような問題の解決策として、大学サッカーがもう少し盛り上がってお金を生むようになると還元できるのではとは考えるのですが、Jリーグもあるので中々難しい。Jリーグの選手の若年化も、それはそれで多少はありなのかな、と思います。選手は好きなことにしがみつく傾向があります。また、JリーグはJ3まであって、社会人リーグもセミプロとして給料20万くらいは出るのではないでしょうか。それくらいあれば、生活はできますが、だいたい30歳までしか続かない。そこから先、どうするか。また、若年化することでより早く切られることにもなる。選手としては良いことではない。しかし、一方で、我々が送り出したサッカーにしがみついている可愛い選手たちが早く次の道に行って欲しい、という思いもあります。J3とか地域リーグで踏ん張ることはできます。踏ん張って良いと思います。でも、それは社会に出るのが遅れるだけだよ、という思いもあり、若年化することで、少しでも早く社会に出るための決断を迫られる機会を与えるという意味ではいいのかなと思います。もちろん年を取ってもずっとサッカーができたらそれは最高ですが、その後、指導者としてまた一年契約の勝負が始まるわけです。彼らは決意してやっているので良いのですが、でも、J1、J2で活躍した選手たちと地元リーグやJ3で活躍した選手たちが指導者として、また一年契約の苦しい戦いが待っています。勝負の世界ですから、必ずあぶれる人間も出てきてしまう。そういう選手たちのためにも早く決断する、というチャンスが生まれているという意味では決して悪いことではないと思います。

学生の目線として、特に本学は「桐蔭横浜大学」というと、皆、自信がありません。早稲田や慶応と比較してしまい言いたくない、という学生もいると思います。しかし、自分はどれだけサッカーに打ち込んできたか、サッカーしか武器がなくても良いのではないか?と思っています。出身校ではなく、あくまでもサッカーを武器に戦って欲しいです。たとえどんな話しであっても、サッカーの話しにすり替えて話してしまうくらいに。

ある程度社会のことを聞かれたり、会社のことを聞かれるのは、勉強しておかなければいけない。でも、その場しのぎで勉強して得たものは、質問されたときに小手先であることはすぐに見抜かれてしまいます。人事の方もプロなので「ペラペラだな」ということはすぐに見抜かれてしまう。そういうことも、サッカーに置き換えて話しをすればいい。自分の自信のあることを話せばいい。自信を見せていかないと、企業側にも魅力は伝わらない。だから、開き直ったらいいと思っています。自分にはサッカーしかない、ではなくて。サッカーがあるのだからと。社会は社会に出てから学べばいい、と思っています。

僕は社会人のときはネクタイと人材を扱っていましたが、モノが変わるだけなんです。やることは変わりません。情熱を持って、そのものを好きになって一生懸命取り組むことができればある程度まではいけるし、評価は得られる。そこから先は、賢さやその仕事について勉強した人がさらに上にいける。ある程度、賢くないとその上まではいけない。自分はそこが足りないな。と思っています。ちなみに一生懸命やることは、誰にでもできることで、僕にもできるのですが、その一歩上のところまではまだまだ到達していないな、というのを自分でも思っています。

―― プロアスリートのキャリア形成のポイントは?
「サッカー選手である前に、いち高校生であれ。サッカー選手である前に、良き社会人であれ。」

本学はキャリアカウンセラー(職業紹介の会社)が2社入っているので、就職支援等はそちらの方にお任せしています。サッカーで就職する学生の場合には話しをしますし、3年生になったらサッカー部の全員と面談しています。プロになれればいいのですが、J1、J2上位に声が掛からない学生や声が掛からないであろう学生には「頑張っているのは分かるけど、もう辞めた方がいい」と言います。社会に出るのが遅れるだけだからと。J3やJFLで、5万、10万で働いていたら、結婚できないよ、という話しをして、それでも「やる」という学生は本当にやるので、「やれ」って言います。また、「就活します。」と決心がつく学生には「就活に専念していい」と言っています。

休部してもいいから、就活に専念していろいろな会社を見て、いろいろな社会勉強をしてその中から自分で選べるようにならないといけない。会社が人材を選ぶのはもちろんそうですが、自分も会社を選べるようになければならない、ということを言って、就活に専念させています。そして、就職が決まったら戻ってくればいい、と言っているんですが、みんな戻ってはこないです。やはり熱が変わってくるので、サッカーをやっている熱には戻せなくなる。また、就活をしながらサッカーも続ける、という学生もいます。就活のために1~2日サッカーを休んだとしても、そのことで試合に出さない、ということはしません。そんなことより大事なことはあります。

学生たちも20歳を過ぎると現実が理解できてきます。選手としての自分の能力や現状が理解できている学生に「辞めたほうがいい」というような指導もして、それでもやる学生は絶対続きます。僕に辞めろと言われたくらいで辞める学生は、やはりその先は続きません。ただ、「頑張ってるのはわかるが、安い給料では結婚もできないし、一生1年契約だよ」とは言います。本当にJ1、J2で戦ってきても、日本代表経験のあるの指導者たちと戦っていけるのか。サッカー選手としてあと10年、そこから指導者として30年やるの?っていう話までします。学生はそこまでは想像できないので、結局やると言いますけど。そのあと、もう一度、意思を聞いてみます。「10万円でも、5万円でも、やれるのか?」と聞いてみて、それでも「やる」という学生にはJ3を紹介しています。

J1、J2で活躍できれば、そのあとの指導者としてというのも、何とかなるとは思います。

ただ、Jリーグが目標、Jリーガーになりたい、という目標だけではダメです。Jリーグで活躍することや、海外に行くなどプロ選手として活躍する、というビジョンが無いと、そのあとが無いな、と思います。Jリーガーになるといっても、そういう人はゴマンといます。Jリーグで「活躍」した人だけが、やっと評価の土俵に立てる。そこから、人間性が評価されます。活躍していても人間的にどうか。という懸念点があると指導者として雇ってもらえません。僕はサンフレッチェ広島にいたのですが、人間性を重視していました。日本代表監督の森保さん、森山さん、Jリーグの監督している小林さん、上野さん、高木さんなど今西チルドレンと呼ばれている方々を指導されていた、当時GMの今西和男さんの教えで、僕が高校生のとき、プロ選手のとき、「サッカー選手である前に、いち高校生であれ。サッカー選手である前に、良き社会人であれ。」という話しをされました。

指導者になる上で実績というのはもちろん重要ですが、どういう人間なのかも重要です。人間性というのはずっとついてきます。人から好かれた方が良いに決まっているし、人に好かれる人間になってもらえれば、プロで活躍さえすれば絶対に道は続いていく。プロを目指す上で活躍できなかった場合やJ3にしがみついたりした場合でも、信用できる人間であれば、スポンサーのチームや会社が雇ってくれるかもしれません。また、周りで見ていた人が会社を紹介してくれるかもしれません。そういう戦い方をしなければいけない。J1はJ1としてしっかり実績を残さなければならない。J3、JFLでしがみついた選手というのは、その後のセカンドキャリアを本気で考えながらサッカーをしていかないといけない。ただサッカーやっているだけでは路頭に迷うことになります。たとえJ1であっても人間性がないとキャリアダウンしてしまうので、人間性というのは特に大事だと思っています。サッカーを諦めた学生についても、大好きなサッカーを諦められるという点で、決断力・判断力が十分にあります。サッカーをやっている学生にとって、サッカーをやり続けるということはとても楽なことです。30歳くらいまで出来ますし、実際にすごく楽なんです。もちろん苦しいこともありますが、22歳でサッカーを辞めて新しい世界に飛び込むということは、本当に勇気のいることだし、その決断ができるということは、ある程度の覚悟を持っているので、そういう人材というのは、企業でも欲しがる人材だと思います。

結果が出るのには、5年、10年くらいはかかります。結果は気づいたら出ているものです。一生懸命やって結果を出そうとしても、中々目に見える結果として表れてこないものです。

日本一になりたいという目標がありますが、目に見える結果というのは中々出ません。しかし、そういうところを目指すことで、周りの評価が変わったり、我々に対するアクションが変わったりしてくると、それも一つの結果と言えるのではないかと思います。以前より応援してくれるようになったと感じていて、これも一つの結果と言えるのはないでしょうか。今度は神奈川県から応援されたり、日本中から応援されたりとか、そういうとことに目を向けていかなければいけないのかな、と思っています。

僕も昔はサッカー部のことしか見えていませんでした。昔は大学に対して、「こんなに頑張っているのにもっと評価してほしい」とか思っていましたが、今は予算を見ても、これだけ割いてくれるということは有難いことだと理解できますし、今は自分が運営費を作り出さなければいけないな、とも思います。大学の名前を売り出すことは非常に難しいことなので、私にできること、サッカー部を売り出していかなければいけない。

今回、天皇杯神奈川県予選で2チームがベスト4になりました。J3の2チームと準決勝を戦い、TOPチームが優勝できたことは本当にすごいことですし、神奈川県のサッカー界の中でも、だいぶん桐蔭横浜大学が確立されてきています。現在、大学も社会人も神奈川のサッカー界の最高順位にいるのが桐蔭横浜大学、というのは本当にすごいことだと思っています。さらに今度は日本で、という気持ちがあり、自分のビジョンも少しずつ大きくなっていけば良いな、と思っています。

―― 監督から、今のJリーグ選手に向けてのメッセージ!

僕も転職するときは、友達に助けてもらいました。また、いろいろな人たちと出会い、人を頼って助けてもらおうとも思っています。そういう意味でも人間性というのは本当に重要で、助けてくれるのはそのとき本当に一緒に同じ目線・同じ目標に向かって戦っていた仲間です。サッカーもそうですし、仕事でも全てそうだと思います。同じ目線で、同じ方向を向いて戦った人間が仲間になって、その仲間が本当に信頼できる人であり、助けてくれます。人との出会いを大切にしてもらいたいと思います。夜遊びに行ってなんだかんだ、というのも実は少し大事で、プロサッカー選手としては、練習の前日や試合の前日に飲みに行ったりするのは絶対に良くないことですが、オフの前とか、人と会うということは重要なことです。全てにおいて人とのつながりは大事です。そしてサッカーを通じて周りの人を大事にしてもらいたいと思います。

このような経験も、分からないながらも社会人経験で模索したから、この社会での経験がなかったら、まったく違う結果が出たのではないかと思います。こうすれば人がどう思うかな、というのを考えながら、選手や人と接しています。監督が常にいれば皆見られているので、それなりの満足度があります。また、チームを4つにしているのは、全員が公式戦に出られるようにして全員にチャンスを与えたいという考えからです。チャンスがないと人は腐ってしまいます。そして、腐る人間が一人でもいると伝染してしまう。本学では、一番上はやる気があるのは当たり前ですが、一番下までやる気がある。腐っている人間はいません。これは本学の特徴であり、自信でもあります。そのために僕らはただ時間を費やすというか、そのために時間を売っていると言ってもいいかもしれません。

自分の大切なもののために膨大な時間を捧げる。僕の周りの方々は皆さんそうでした。風間さんも総監督も割烹八千代の店長もそうです。小林伸二監督は、僕らのユースを観るために吉田町に家を買って家族ごと引越してきました。僕の尊敬する方々は、皆さんそうでしたので、僕もそうなりたかったというのがあります。

僕は、人と足並みをそろえた人生ではなかったですが、それも良かったと思います。当時は就職・転職はあまりよろしくなかったのですが、今思えば、色々な経験ができて良かったと思っています。